ばらを描く

f0368999_21535232.jpg
原画はもっと良かったですが写真の色がイマイチで
皆さんごめんなさい。
f0368999_21510189.jpg

10日と今日はクラブツーリズムの講座でバラを描きました。


   紫とオレンジでそれぞれ日替わりでデモをしました。 

公園などで咲いている自然の容のバラは
切花と違っていろいろ変化に富んでいるので写真から描いていただきました。
バラは描きたい花だけど、どこから手をつけて良いか分からない等々

よく聞きますので容のとり方から・・・・
主役、準主役、その他を決めたら画面上で構図を取る
花の向き、花びらと花びらの奥行き、空気感の表現法など等
このようなやり方は初めてと言う方が大半いらした事もあって


「難しかったけどいい経験になり楽しかった」

うれしいコメントにホッ!


皆さん本当にお疲れ様でした。

f0368999_21521268.jpg

この写真を元に描きました。


                  

[PR]
トラックバックURL : http://maertu.exblog.jp/tb/27633659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 中川あきら at 2017-03-12 22:53 x
薔薇を描く機会は多いですね。FBでもコメントしましたように花の主役脇役、花弁の凹凸、その向き、葉とバックの表現で
花々を引き立てるといったテクニックの見せ所を作ることが大事ですね。
つえ子先生の模範画が大いに参考になります。特に空気感が素晴らしいです。たった50cmの奥行き幅の距離感を演出されているのが見事です。
Commented by mukube at 2017-03-13 21:29
中川さんいつもありがとうございます。
特に複雑な仕組みのお花は難しいですよね、
省略しながらいかに美しく表現できるか私の課題なんです。
Commented by 中川あきら at 2017-03-17 18:28 x
つえ子先生、しばらくです。ミモザを3月13日の絵画教室で描きました。しかしつえ子先生のようなミモザの雰囲気が表現できず難しかったです。薔薇やカサブランカなら花そのものに強烈な個性と存在感を具備しているので良いのですが、ミモザの質感を表現することは至難の業ですね。
後日つえ子先生の作品を研究しながら手を加えて仕上げましたが花よりも花器のバケツを指導先生から誉められてしまいました。ミモザを描くコツってあるのでしょうか。
Commented by mukube at 2017-03-19 21:48
細かい粒粒の花の固まりなので表現は難しいですよね、鮮やかな黄色に惑わされベタ塗りしがちです
陰影をつける為私は光の当たっていると思われる所を確認して綿棒でマスキングします。
周りを彩色したらマスキングを取ってから部分的に上から薄くイエローをかけます。
Commented by 中川あきら at 2017-03-19 23:59 x
つえ子先生、有難うございます。ミモザの花は細かい粒粒の集合体でそれを表現することができなかったのです。
マスキング液を使ってのコツをご教示くださいまして有難うございます。
つえ子先生の作品を拝見すると描いているようで描いていない、全部描かず余韻を残すような表現が見えてきて、それが素晴らしいといつも思っています。
Commented by mukube at 2017-03-20 08:34
中川さん機会がありましたら、また挑戦してみてください。
by mukube | 2017-03-12 22:00 | 水彩画 | Trackback | Comments(6)

水彩画を主とした日々の日記


by kururn
プロフィールを見る
画像一覧